塾講師の仕事

塾講師の仕事内容ですが、一般的には中学・高校・大学への合格を目指す生徒に、 受験対策をはじめとする学習指導を行うことです。 受験生を持つ保護者は、志望校の合格率が高い塾を選んで入る傾向があります。 しかし、塾にもさまざまなタイプがあり、グループ指導や個人指導、英会話や特殊な教科を教えるものなど、 就く仕事により塾講師の仕事内容は違ってきます。

近頃の塾はバリエーションに富んでいますから、自分が得意とする分野で、興味のある塾を選ぶとよいでしょう。 塾講師の仕事には、事務的な作業がかなりあります。 授業用のプリントを作ったり、答案のチェックをしたり、授業が終わった後には、 塾に一日の指導報告書を提出します。このような事務的な作業を行うことも、塾講師の仕事のうちです。 また、勉強を教えるだけでなく、生徒や保護者の悩み相談にものるようなこともあります。

勉強を教える以外に、担当する生徒の家庭環境などに配慮する必要があるかもしれません。 何か問題を抱えていたりすると、勉強に集中できないことがあるからです。 自分が担当する生徒が志望校に合格すれば、子供本人はもちろん、保護者からも喜ばれます。 そういったことも、塾講師が仕事を続ける上で大きなやりがいとなるでしょう。