必要な資格と免許

塾講師の正社員になるのに必要な資格は教員免許ですが、大学で教職を取っていれば、誰でも資格があります。 さらに、塾講師のアルバイトの経験があれば、採用に有利になるでしょう。 ただ、塾の場合は営利目的なので、教員免許を持っていて学力が高いというだけでは 適正に欠ける場合があるようです。塾にもさまざまな方針がありますから、 その塾の経営理念を理解できることも重要です。

塾のホームページで塾の創設者が理念を語っているページがありますから、 そこに目を通しておくとよいでしょう。 塾で人気の高い講師ですが、生徒受けが良く、 保護者の対応が上手なコミュニケーション能力が高い人物です。 カリスマ講師などと呼ばれる人は、多くの生徒を集めることができて、保護者の信頼が厚いタイプです。 経営力の高い経営者が運営している塾は、そのような人物を積極的に採用している可能性があります。

経営者のタイプもバラエティに富んでおり、いろんな塾がありますから、 その塾の理念に賛同できるところを受けてください。 免許よりも、その講師の教え方が塾の方針に合っているかとか、性格がその塾の雰囲気に合っているといった、 講師の持つ資質が問われます。塾講師になるには、自分の資質に合った塾を選ぶことでしょう。